インフラデータチャレンジ

event date: Nov 23, 2017
Update:Dec 8, 2020

土木学会インフラデータチャレンジ
2

value

2


リビングラボ、女性活躍推進、U-18こどもオープンデータのチームを結成し、アプリケーションを制作します。
4

value

4

8

value

8


日曜須坂の健康応援教室にて「健康ウォーキング教室」を開催しました。使用したアプリやガジェットは,Linkdataに登録してある仕組みやデータセットを活用しています。
11

value

4


 「U-18こどもオープンデータハッカソン」は18歳以下の学生が競うハッカソン。学生のICT教育や地域教育の発展を目的に開催します。オープンデータを活用したアプリケーション開発や地域活動の経験のある2人の学生が講師となり、生徒・学生たちに教えていきます。
14

value

13

1

value

1

ハロウィンZOO 2017.10.27-29,31

event date: Oct 27, 2017
Update:Nov 23, 2017

BYは主催の須坂市臥竜公園管理事務所になります
13

value

3


共通語彙基盤に準拠した自治体オープンデータを題材にデータの扱い方を学び、実際にアプリケーションを実装します。
22

value

20


BYは主催の須坂市臥竜公園管理事務所になります
13

value

3

埋蔵文化財整理室公開 2017.9.30

event date: Sep 30, 2017
Update:Nov 22, 2017

「須坂市動物園宝探し」の仕組みを活用しています
6

value

3


島根県立情報科学高等学校の2年生を対象にオープンデータワークショップを開催しました。ワークショップ内で、安来市のおすすめスポットをオープンデータ化し、地図上にアップロードを行い、ネット上に発信しました。 この記事の投稿者:島根県立情報科学高等学校、安来市役所、名古屋大学安田・遠藤研究室
6

value

5


 「U-18こどもオープンデータハッカソン」は18歳以下の学生が競うハッカソン。学生のICT教育や地域教育の発展を目的に開催します。オープンデータを活用したアプリケーション開発や地域活動の経験のある2人の学生が講師となり、生徒・学生たちに教えていきます。
12

value

11


オープンデータCCBYになっている須坂市動物園スタンプ(http://linkdata.org/work/rdf1s4542i)のイラストを活用しています。
9

value

3

7

value

3

3

value

2


G空間情報(地理空間情報)等の活用による地域資源の掘り起こしと魅力発信を目的に「ふくしまG空間タウンウォークin会津若松」を開催しました。 本イベントでは産学官民様々な方が集い、各々の取組についての情報交換やまちあるきで得られた知見を共有することで、参加者の相互交流やG空間情報の普及啓発を促進していくことを目的としています。
2

value

2

G-Supernova Hackathon

event date: Jun 24, 2017
Update:Jul 2, 2017

ゲノムサービスに特化したハッカソン開催
6

value

5

情報フェスタ2017.6.18

event date: Jun 18, 2017
Update:Jan 12, 2018

3

value

3

ボヌールフェスタvol1

event date: May 28, 2017
Update:Jun 10, 2017

ボヌール(幸せ)フェスタは、幸せな女性をふやすためのイベントです。『幸せを感じられる社会をめざし輝く女性を応援する』という理念を達成するため、公益性のあるイベントを開催しソーシャルビジネス事業者として女性活躍支援に貢献します。夫婦・家族関係、女性活躍推進法による仕事と生活の調和、ICT活用など女性が公私で輝くワーク・ライフ・バランスの実現を目指すための多様な取組みを紹介することを目的に開催します。また、活動を推進するため、イベントを通じてオープンデータ等のデータ利活用に取り組みます。
2

value

2


女性活躍推進につながる取組みを活性化するとともに、オープンデータの利活用が推進させることを目的に「Lady's Open Data 女性活躍推進ハッカソン」を開催します。2017年5月28日に開催される「ボヌールフェスタ」イベント会場内で行われます。女性やこどもが、コンピューターを簡単に学べるよう工夫して開催します。開発経験が無い方の参加も歓迎します。
9

value

3

SpaceApps Tokyo 2017 ハッカソン

event date: Apr 29, 2017
Update:Oct 8, 2018

4

value

2


三浦半島の観光資産を活かした新しい観光事業を生み出すアイデアソンと、三浦半島の観光事業を加速させるITサービスのプロタイプを開発するハッカソンを開催しました。
2

value

1


BYは主催の須坂市臥竜公園管理事務所になります
10

value

3

14

value

5


2016年末からオープンデータを公開しはじめた半田市において,オープンデータへの理解を深め,またオープンデータを活用した取り組みを加速していくため.世界同時開催されるインターナショナル・オープンデータ・デイ2017への参加を行いました!
3

value

2

2

value

2

6

value

5


<テーマ> 「IoTで会津の街を健康にしよう!」 <開催の背景> 会津若松市は最先端のスマートシティの実現を目指し、『ヘルスケア × IoT』の先進モデルの実証事業を開始しました。民間、自治体、大学、病院、薬局などが連携して構築するIoTプラットフォームを用いてヘルスケアの革新的なビジネスモデルを開発することを目指しています。 そのためには“ヒト”の力が不可欠であり、このハッカソンをきっかけにして、将来のイノベーションをドライブする人材が生まれていくことを期待します。 <開催の目的> ・ヘルスケア領域における新ビジネス開発や日本の社会課題解決などに関心のある方が、会津の地に集い、つながり、切磋琢磨するための場となることを狙っています。 ・ヘルスケアIoTプラットフォーム上の国内外への展開として、今回生まれたアイデアやプロトタイプが実際にサービス化されていく可能性があります。 ・会津若松市では全国規模のコンテストにも参加しており、今回のハッカソンの結果についても合致するテーマであれば、そのまま応募につなげることが可能です。 ※参考:チャレンジ!!オープンガバナンス2016 http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/padit/cog2016/ <開催概要> ■ 会場 :会津若松市サテライトオフィス(会津若松市行仁町8番29号) ■駐車場 :会場の駐車スペースが少ないため、できるだけ公共交通機関等を利用してお越しください ■参加費用:無料 ■ 定員 :25名 ■ 日程 : 12月17日(土)10:30-19:00 概要説明、チームビルディング、ハッキング(チーム作業) 12月18日(日) 8:00-17:00 ハッキング(チーム作業)、成果発表、表彰式 <提供ハードウェア・データ> ・インテル社 Edisonボード、Genuino101ボード(Curieモジュール搭載) ・Garmin社 vivosmart HR(実証事業にて市民に配布中) ・ヘルスケアプラットフォーム上のデータ ※詳細は追ってこのfbページに投稿されます。 <主催> 会津若松IoTヘルスケアコンソーシアム <共催> 会津IT産業振興協議会 <協賛> 東邦銀行 <後援> 会津若松市、公立大学法人会津大学、インテル株式会社、アクセンチュア株式会社、アーバンデータチャレンジ2016、福島民友新聞社、福島民報社 <お問い合わせ先> アクセンチュア(株)福島イノベーションセンター 小坂(こさか) TEL:0242-37-7392(受付時間:平日10:00~18:00)
0

value

0


ミッション:「思わず三浦半島に行ってみたくなるようなキャッチコピー&ポスターを作成せよ!」
1

value

1


「データ可視化ツールを利用して、多角的な視点から地域を立体的に見てみよう!」をテーマにチャレンジ拠点である肝付町役場職員の方々を中心にオープンデータの価値・活用の先にある世界を知っていただくイベントを開催。さらに手軽に扱える可視化ツールCARTOを使ったハンズオンをとおして、誰もがデータを使って地域について自由に学び多角的に知ることできる時代になっていることを体験してもらう。 12月9日(金)肝付町役場 コミュニティセンター二階 青年研修室 16時〜17時 オープンデータ101 オープンデータ入門レクチャー 17時〜18時半 CARTOハンズオン ロケーション・インテリジェンス初体験 参加する人達のニーズにあわせて、2つのワークショップを用意した。ひとつめは第四次産業革命に直面する現代という背景から語るオープンデータ入門セミナー。ふたつめはGISに関する専門知識なしで地図上に簡単に情報を表示して分析することが出来るクラウドサービス、CARTO(旧CartoDB)を紹介し、その可能性の一端を見てもらえるようにする体験ハンズオン。手軽に扱える地図ツールとしては既にGoogle My Mapなどもあるが、主にポイントデータを表示することだけが可能。表示されているデータを使って自由に分析する場合、従来は専門知識を要するGISを利用する必要があった。CARTOはテクノロジとしてPostGISを利用していることから、PostGISが持つSQL地理空間拡張をブラウザから利用出来る。また、業界標準のCARTO-CSS(Mapzen開発のCSS地理空間拡張)を利用して柔軟な主題図づくりも可能である。GISとGoogle My Mapの間をうめるCARTOの紹介をとおして、CARTO社主張のロケーション・インテリジェンス(地理空間情報を活用した課題分析)の世界を体験していただく。2つのワークショップにとおして参加することで、データにもとづく地理情報の簡単な可視化ができるようになる。ここで得た知識を元に地元に関するデータを活用して、それぞれオリジナルの地図を作成してもらい後日、まとめて公開する布石としたい。
0

value

0

Show More